校長あいさつ

 

  江東区立第四砂町小学校

  校長 遠藤 朋子                          

 

 令和元年度が 新一年生 84名 全校児童 574名(4月6日現在)でスタートしました。子どもたちは進級のよろこびいっぱいで登校してきました。 

 昨年度は開校85周年の記念の年でした。児童集会やバルーンセレモニー、ハッピーよんまつ等々、地域や保護者の皆様のご協力で、大きな行事が滞りなく行われました。子どもたちにとっても素敵な思い出が詰まった一年間だったと思います。   

        

 今年度の重点


  1・本校の特色である「たてわり班活動」を中心として、子どもたちの豊かな心、

    あたたかな人間関係を育みます。


  2・「こうとう学びスタンダード」(学び方・国語・算数・体力・英語)により

    基礎基本となる学力の定着・向上を図ります。

    校内研究を「算数科」として、子どもたちの学力の向上を図ります。
 

  3・学校支援地域本部の指定を受け、地域に根ざした教育を進めます。

    昨年度発足した「よんすな小応援隊」では、安全見守り、朝の読み聞かせ、

    家庭科・書き初め等の授業補助、漢字検定等々、さまざまな活動にご協力いただきました。

    今年度もさらに充実したものとなるようにご協力をお願いします。
 

  4・オリンピック・パラリンピック教育を推進し、体力の向上に努めます。

    友達国や競技への関心を高めていくなど、オリ・パラ教育を進めていき、

    たくましい心身をもつ四砂っ子の育成に取り組んでまいります。

 

  5・体験・見学活動の充実を図ります。「感動体験 感動満足 感動いっぱい四砂小」

 

 お子さまの健やかな成長のため、「チーム四砂」として、教職員一同誠心誠意取り組んでまいります。

 どうぞ、今年度も変わらぬご支援・ご協力をお願いいたします。 

 

                             

更新日:2019年05月16日 16:40:10